これからのビジネスを考える。

企業から渡される雇用契約書

企業が労働者を採用する際に、労働者に対して法律で必ず雇用契約書を渡す規定が定められています。
雇用契約書の中身に関して、様々な労働の条件を記載しています。
始めに労働の契約に関する期間が記載されています。
原則的に、労働の契約の期間に雇用をする事になっていて、更新をする規定となっている場合には労働者の希望で労働を続ける事ができます。
また、仕事の内容を使用者が簡潔に書きます。
勤務時間の記載に関して、所定の勤務時間の始まりの時間と終わりの時間を記載しています。
あくまでも所定の勤務時間であるので、業務などの都合によっては勤務時間をシフトする場合を考えておきます。
所定の労働時間を超える予定の場合は、所定外の労働時間の欄に超過する基準となる時間を記入してます。
給与などの待遇に関して、様々な条件があって、夏や冬の賞与の有無を記載します。
基本給に関しては、求人の募集要項で記載してあった基本給を原則的に記入します。
そして、住宅手当などの諸々の手当の支給の詳細を記入してます。
所定外の勤務となる時は残業代としてみなされ、給料を時給に換算した額の25パーセント以上の上乗せ分を時給として計算して、残業代を出す事が法律に定められています。
残業代や深夜の時間の上乗せの割合に関して、法律に示されている最低の割合の以上の数値を記入しなければならないのです。
賃金の締切日や支給日に関しては、会社の都合で決定しても良いが、原則的に一ヶ月に一回以上の現金での支給を原則とします。
その他に賃金の諸々も控除や退職金の有無を記載しています。
その他の労働などに関する規定に関しては、備考欄に詳細に記載してあるので、労働者がしっかりと目を通しておく事です。
雇用契約書を渡されるときに、紙の一番下の項目に使用者の会社の住所と使用者の氏名が記載しています。
そして、労働を契約を行う時に労働者の住所と氏名と印鑑を押して、雇用契約書の写しを使用者に渡します。